ガールズアフェア

傷つけない・傷つかない!不倫を上手に続けるコツ

time 2016/08/06

傷つけない・傷つかない!不倫を上手に続けるコツ

不倫はバレてしまえば他人も自分も深く傷つきます。

分かっているのに不倫をしそう!不倫から抜け出せない!という場合は、これからご紹介する「なるべく自分や他人を傷つけない不倫のコツ」を抑えておくといいでしょう。

コツ①:「奥さんと別れて」は禁句

割り切るつもりで始めた不倫でも、多くの女性が「愛人どまり」であることに不満を抱くようです。

しかし、「奥さんと別れて!」と迫られた男性は、「ラクで楽しい関係でいられると思っていたのに話が違う」と一気に冷めてしまいます。

男性にとって不倫相手は本気の相手ではないので、「自分だけは特別」なんて思っていると危険です。

自分は「愛人どまり」であることを潔く認めて「別れて!」を封印すれば、ウキウキした普通の恋愛気分をしばらくは味わっていられるでしょう。

コツ②:相手の家庭を尊重する

相手の男性は、あなたと離れている間は大事な家庭で夫や父親をしています。

なので、その間は一切彼に連絡してはいけません。

男性は会える時、会いたい時に必ず自分から連絡をしてきます。

寂しさに耐えきれず連絡をとれば、履歴が残って奥さんにバレる危険は格段に高まります。そうなれば、男性は家庭を守るためにあなたとの別れを考えるでしょう。

バレてしまえば相手の奥さんやお子さんだけでなく、あなたも傷つきます。

最初から彼に家庭があることを十分承知で不倫を始めたのですから、彼の家庭を第一に尊重しましょう。家庭に害を加えなければ、彼は安心してあなたと一緒に時間を過ごしてくれるはずです。

コツ③:口外厳禁

不倫はバレれば終わるもの。終わらせたくないならば、例え相手が親友であっても口外してはいけません。

不倫はあなたがどう思おうと、社会一般的には非常識な行為。

あなたが不倫をしていると知って黙って見守ってくれる人はまず居ませんので、いつ誰にバラされてもおかしくないのです。SNSでの発言も同じく厳禁。いくら素性を伏せても現代では簡単に身バレします。

少しでも長く相手の男性と関係を続けたいのなら、不倫の事実は自分の中だけに秘めておきましょう。

コツ④:外では厳戒態勢を

不倫相手と外で会う場合は特に警戒が必要です。

あなたや相手の知り合いに親しそうな様子を目撃されてはいけません。

不倫なのに浮かれてデート現場を目撃されてしまえば、待っているのは別れと人生の破滅のみ。決して大袈裟な話ではありません。

絶対にお互いの知り合いに二人きりでいるところを目撃されないように徹底しましょう。

コツ⑤:不倫をしても自分を見失わない

「なんで会ってくれないの?なんで連絡くれないの?」と不満が沸くのは、生活が不倫に支配されている証拠。このままだと暴走して最悪の終わりを迎えるのも時間の問題です。そうならないために、不倫を始める前と変わらない生活を心がけてください。

休みの日は彼に合わせるのではなく、自分の判断で友達と予定を入れたり、習い事の予約をすすんで入れましょう。仕事終わりも、会えるかわからない彼を待つのはやめて、家でゆっくりしたり他の誰かとデートを楽しみましょう。

彼が会いたければ彼の方からあなたの都合に合わせるのですから。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

同じ「好き」という感情でも、不倫は一般的に許されないものであって普通の恋愛とは全くの別物です。

紹介した5つのコツを見て「こんなの無理!」と思ったなら、あなたは不倫に向いていないかもしれません。不倫の道を選ぶなら、自分を含め誰も傷つけないように、コツをつかんでバレない努力を徹底しましょう。

著者情報

ハンナ

ハンナ

不倫、でも純愛。Girl's Affair(ガールズアフェア)管理人ハンナです。恋愛の酸いも甘いも経験したと自負しているアラサー。辛い恋をしている女性の心が少しでも癒されますように。