ガールズアフェア

肝に銘じておくべき!不倫のリスク

time 2016/08/06

肝に銘じておくべき!不倫のリスク

不倫真っ最中の女性はきっと、「不倫ってラクでスリルがあって楽しい!」と浮かれているかも知れませんが、不倫には避けることのできないリスクがあります。

たった一夜の不倫でも、割り切っているつもりでも、不倫のリスクが現実となってあなたの人生をどん底まで突き落とす日が来るかもしれません。

取り返しのつかないことになる前に、決して他人事ではない不倫のリスクをいくつか見ていきましょう。

リスク① 失職

職場不倫が明るみになった場合、あなたはその職場に居られなくなると思った方が良いかもしれません。

バレなきゃ良いと思うかもしれませんが、案外あっけなくバレてしまうものです。というか、うまく隠せていると思っているのは当事者だけで、周りには最初からバレバレなんだとか。

噂程度だった不倫がある日、

  • 職場に相手の奥さんが乗り込んできてバレる
  • 関係者に一緒にいるところを目撃されてバレる

なんてことは、ドラマみたいですが実際に多く起きているのです。

日本社会の残念な部分ですが、不倫がバレて不利益を負うのはほとんどの場合が女性です。上司からは騒ぎを起こしたとして休職(という名の退職)を迫られ、同僚からは不潔な尻軽女として軽蔑され、相手の男性は味方をしてくれるどころか自分の地位を守るのに必死。

結局あなたはあっという間に無職。次の職を見つけたとしても、急に前職を解雇されたことが知れてしまえば原因が職場不倫であることは大体推測できてしまいます。そうすれば、あなたは「不倫女」のレッテルを貼られて信用されず、その職場にも長く居られないかもしれません。

リスク② 家庭崩壊

あなたにも家庭があるダブル不倫の場合、リスクは非常に大きいです。

最悪の場合は離婚となり、不貞を働いたということで慰謝料を請求され、子どもがいれば親権を失うおそれがあります。

多くの場合は母親側に親権が認められるのですが、妻側の不貞が原因で親権を失い、我が子に月1回、数時間しか会えない女性は意外と多く存在します。ちなみに、慰謝料の相場は100~500万円と言われていますが、増加傾向にあるようです。

離婚に至らなかったとしても、夫婦間・親子間の信頼関係にひびが入ることは避けられないでしょう。「自分の母親が不倫をしていたら」と考えれば、子どもが心に大きな傷を負うことは容易に想像がつくはずです。自分の一時の快楽のために、我が子の人生を歪ませていいのでしょうか。

苦しい思いをするのは自分だけでは済まないのです。

リスク③ 妊娠・中絶・性病の問題

いくら避妊をしていても、不倫相手とのセックスで妊娠することはあります。

本来であれば喜ばしい妊娠なのに、相手の男性から中絶を迫られるかもしれません。望まれない妊娠をした場合、心身ともに傷を負うのは女性だけです。産むことを決意しても、将来不倫の事実を知ってしまった我が子はきっと悲しみます。

また、男性が奥さんとセックスをしていながら、あなたともセックスをしていることは当然あり得るので、性病のリスクも高まります。

最悪の場合、将来子どもを望んでも妊娠できなくなってしまうかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。これらのリスクはほんの一部です。

確かに不倫は刺激的で楽しいかもしれません。しかし、バレてしまったときは人生を破滅させるほどのリスクを潜ませています。

不倫の当事者になる前に、バレてしまった後の人生を想像して一度冷静になってみてください。

著者情報

ハンナ

ハンナ

不倫、でも純愛。Girl's Affair(ガールズアフェア)管理人ハンナです。恋愛の酸いも甘いも経験したと自負しているアラサー。辛い恋をしている女性の心が少しでも癒されますように。