ガールズアフェア

あの人やその人も危険!身近に潜む不倫の密告者

time 2017/05/17

あの人やその人も危険!身近に潜む不倫の密告者

不倫がバレると、不倫関係が終わるだけでなく家庭や職場での立場にも影響します。バレないようにするのはとても神経を使うのですが、不倫で浮かれていると誰かにバラさらてしまうかもしれませんよ。

不倫の密告者は大体が身近な人です。どんな人が密告者になり得るのかを心得て、不倫をバラされないように行動してください。

sponsored link

密告者①:不倫相手

一番あり得ないように思えて珍しくない密告者が不倫相手です。相手は捨て身で密告しているので一番恐ろしい密告者といえるでしょう。

有名人の不倫も相手が写真やLINEを自ら流出させて社会的制裁を下すパターンが多いと思いませんか?不倫相手が密告者と化すのは、納得のいかない別れ話をされたとき、不倫に本気になってしまったとき、ないがしろにされたときなど、挙げればキリがありません。そして、どんな人でも逆上してとんでもない行動に出る危険性を持っているので、付き合う時点で見抜くことも難しいでしょう。

密告者②:不倫相手のパートナー

不倫相手のパートナーは不倫を発見したら黙ってはいないでしょう。

例えば、あなたの彼氏があなたの不倫を発見した場合、直接追及する代わりに相手の素性を調べて家庭や職場に密告するのです。この場合、あなたに不倫をやめて自分だけに向いてほしいという思いで密告する人と、あなたも不倫相手も共々苦しめて潰してやりたいという思いで密告する人といるでしょう。後者の場合はたちが悪いです。

一方、不倫相手の奥さんが密告者になる場合も考えられます。この場合、夫の職場に密告してしまうと失職や出世妨げの原因になるので、密告先は夫の両親や不倫相手であるあなたの家族や職場になるでしょう。

密告者③:職場の人やご近所さん

社内不倫の場合は当事者が気付いていないだけで周りにはバレバレなことが多いもの。個人的にあなたや不倫相手が気にくわないという人だけでなく、不倫自体に嫌悪感を持っている人や競争相手も密告者になり得ます。社内不倫でなくても、ひとたび外へ出れば街中で誰に不倫現場を目撃されてもおかしくありません。

ご近所さんが彼の奥さんに「お宅のご主人、このまえ○○で女性と歩いてたわよ」なんてドラマのワンシーンみたいなことが現実でも起きているのです。不倫相手の彼と奥さん夫婦やあなたに嫉妬していて、不幸を味わう姿を楽しむ人だっているかもしれません。

このような第三者は不倫相手や不倫相手のパートナーと違って、あなたの不倫がバレたところで痛くもかゆくもありません。そのせいか、証拠写真や密告手紙を郵便受けに入れたり、ご近所に言いふらしたりと、やり口が悪質になりがちです。

密告者④:代理密告者

「別れさせ屋」とか「便利屋」って聞いたことありませんか?誰かから依頼を受けた「別れさせ屋」や「便利屋」と呼ばれる団体が、依頼者に代わって不倫をリークさせるのです。

この場合、依頼者は不倫相手や不倫相手のパートナーであることがほとんどでしょう。おそらく高額な料金が発生すると予想されるので、そこまでしてでも不倫をリークさせたいという強い想いがある人でないとここまでしないですよね。

まとめ

密告者になり得る人として4人の候補を挙げました。どうやら、不倫カップルの周りには密告者で溢れているようです。

不倫は祝福されるものではありませんし、倫理に反するものだと認識されているので、あなたに痛い目を見せたいと思っている人にとっては絶好の攻撃材料です。信頼して愛した不倫相手ですら裏切り行為に走ることがあるのです。

不倫をするなら、そういうマイナスな面から目を反らさずにいないといけませんね。

sponsored link

著者情報

ハンナ

ハンナ

不倫、でも純愛。Girl's Affair(ガールズアフェア)管理人ハンナです。恋愛の酸いも甘いも経験したと自負しているアラサー。辛い恋をしている女性の心が少しでも癒されますように。



sponsored link