ガールズアフェア

男女で違う失恋のメカニズムと元恋人への未練

time 2017/08/08

男女で違う失恋のメカニズムと元恋人への未練

失恋なんて何度もしているのに、不思議とあの悲しみや辛さに慣れることはありません。

真面目に交際をしていたなら、別れた瞬間からケロッと生きていくことは不可能です。それは男女に共通していることだと思います。

しかし、どのように失恋と向き合うかは男女で差があると言われています。ここでは男女の失恋のメカニズムと未練の差についてみていきましょう。

失恋のメカニズム

恋愛中、恋人同士の脳は幸福感からドーパミンを分泌し続けます。この状態は非常に心地よく、「もっともっと!」という状態を作りだし、無意識のうちに相手への依存が進んでいくようなのです。

付き合って長い恋人同士だと気持ちも落ち着いてくるものですが、相手がいる状態が当たり前になっているのでこの状態でも相手に依存しているのは同じなんだとか。

しかし、別れてしまえば脳が「もっともっと!」と言っていたり、「居てあたりまえ」と思っていても依存対象が失われるので、禁断症状に似た悲しみや苦しみに襲われるんだそうです。

この失恋のメカニズムはどうやら男女で共通のようです。

未練に対する男女差

男女で差が出てくるのは失恋の後。

世界各国の人を対象にした研究によると、失恋により精神的・身体的苦痛を多く受けるのは男性より女性だという結果が出たんだそうです。

しかし、女性はその苦痛を早期に乗り越えられる反面、男性は克服が不完全だということが判明したのです。個人差はあるものの、この差は生物学によるものなんだとか。

では、具体的にどのような差があるのでしょうか。

女性の場合:ものすごく落ち込むけれど切り替え上手

どちらから別れを切り出したかに関わらず、真面目に恋愛をしている一般的な女性は多少相手に不満があってもなかなか別れるという道を選びません。

話し合いをしたり第三者に相談したりして関係の改善を試みます。そのため、それでも上手くいかずに別れることになると現実を受け入れづらく、非常に落ち込みます。

緊急の女子会を開いてなぐさめたり、瞬時に慰安旅行を計画したりと、女性にとって失恋はとにかく一大事件なのです。

しかし、女性は話したり泣いたりして感情を表に出す傾向にあるため、ある程度すると突然すっきりして前に進み出します。

「もっと綺麗になってずっと幸せになってやる!」と、自己啓発本を読んだりジムに通いだしたりと、悲しみ・苦しみのエネルギーを他のポジティブな分野に変換するのが得意なのです。

それに、女性は生物学的に相手に共感するスキルが男性より発達しているので、失恋後に女友達に話を聞いてもらって共感してもらうことで傷が癒えやすいというのもあるでしょう。

そして、最終的に「あんな男とは別れて正解!」と、失恋の未練を克服するのです。そのため、例え元カレを思い出すことがあったとしてもそれは単に記憶が蘇っているだけであって、恋愛感情は伴っていないことが多いのです。

男性の場合:ケロッとしているようで実は未練たらたら

男性も女性と同じく失恋によって悲しみを味わうというのは先ほど説明しました。

しかし、女性が失恋で悲しみのどん底にいる中、元カレはまるで何もなかったかのごとく楽しそうにしている写真をSNSに挙げていたり、もう新しい彼女が出来たらしいなんて噂を耳にしたりするのは意外とよくあることだそうです。

これはよく「男性は子孫繁栄のために新しい相手を探すようにできているから」などと説明されます。

それにもかかわらず男性の方が未練たらしいと言われるのは、例えケロッとしているようにみえても元カノの事を忘れられず、恋愛感情も拭い切れないていないから。しかも、元カノもまだ自分に対して同じように恋愛感情を抱いていると思い込んでいる男性は多いようです。

そのためか、別れてもしばらくすると連絡をよこしてきたりするのです。これは男性に新しいパートナーがいてもいなくても関係ないんだとか。

また、男性は女性と違って失恋しても泣いたり誰かに話を聞いてもらったりすることはあまりしません。その代わり、仕事に没頭してみたり今まで通り男友達と遊んだりして、失恋の悲しい感情と向き合わない傾向があります。

こういった男性の特徴も失恋をいつまで経っても克服できない原因を作っているといえるでしょう。

まとめ

もちろん個人差はありますが、失恋に関していえば女性の方がダメージを受けやすい反面、しっかり克服をして前進できる傾向にあるようですね。

未練たらしい人は新しい恋愛も心から楽しめませんし、パートナーにも嫌な思いをさせてしまいます。

もしあなたが女性なら、失恋直後はしばらく辛い日が続きますが、闇は必ず晴れると信じて思いっきり感情を表に出してみてください。

もしあなたが男性なら、少なくとも一人でいるときは泣いたりして感情を表に出し、未練が残らないようにしてみてください。

その先にずっとずっと幸せな恋愛がきっと待っています。

著者情報

ハンナ

ハンナ

不倫、でも純愛。Girl's Affair(ガールズアフェア)管理人ハンナです。恋愛の酸いも甘いも経験したと自負しているアラサー。辛い恋をしている女性の心が少しでも癒されますように。