ガールズアフェア

恋人不要!セフレを求める若者が急増中の理由

time 2017/02/17

恋人不要!セフレを求める若者が急増中の理由

結婚願望が無いわけではないけれど、恋愛は面倒くさいと思っている若者が急増中です。そんな若者たちは恋人ではなくセフレを求め、なんと7人に1人はセフレ持ちとも言われているようです。

なぜそんなことが起きているのでしょうか?

セフレ持ちの若者急増中のワケ

恋愛に対するネガティブイメージ

恋愛中は相手の気持ちを探ったり、自分の気持ちをアピールしてみたり、駆け引きのようなことが繰り広げられます。なかなか思うように行かずヤキモキすることもありますが、それも恋愛の醍醐味といえるのではないでしょうか。

しかし、若者たちにとって気持ちの探り合いは単に「面倒くさい」ものでしかありません。とくに男性は、女性の「察して」が大の苦手。

他にも、連絡はこまめに!記念日にはサプライズを!といった「プロ彼女・プロ彼氏ならこうであるべき」というイメージに圧倒されているということも挙げられます。そんなことを強いられるくらいならシングルでいた方が楽しいと思うのも無理ないですよね。

少し前までは恋愛の醍醐味として認識されていたことを負担として受け止める若者が増えているようです。

お金がかかる

特に男性が挙げる理由として言えることですが、恋人を持つと出費がかさむことが懸念されています。デート代は男性がもつべきという風潮は今も昔も変わらず健在で、割り勘にしようものなら速攻「ケチ認定」されてしまうでしょう。おごられて当然という態度に男性は大損した気分になります。

イベント事や記念日には毎回プレゼントを贈らなきゃいけない風潮があるのも大きなプレッシャーです。

時間と労力の無駄

これは女性の挙げる理由として言えることですが、恋愛中の女性の多くは常に自分を磨いています。男性受けするメイクやファッションを意識したり、ダイエットや料理を頑張って「いい彼女」になる努力をしている人が多いのです。

しかし、ほとんどの男性はその努力に気付きませんし、気付いても照れているのか褒めたりすることはありません。それどころか、時間をかけて巻いた髪型をみて「今日ボサボサだけどどうしたの?」とか、努力して体重を落としたのに「ちょっと太った?」なんて言っちゃったりするのです。

相手の男性がファッションに疎い、デリカシーが無い、おしゃれなお店も知らない、話がつまらないとなると、そんな人に使う時間や労力は無駄以外の何物でもありません。恋人を作るメリットなんて見出せないのです。

セフレのメリット

義務がない

セフレに対してなら、何かにつけてプレゼントを贈る必要はありません。食事のためのお洒落なレストランだって知らなくて済みます。男性はホテル代を負担することになるかもしれませんが、恋人を持つよりはずっと出費が少ないです。

用事もないのに連絡を定期的にしなければならないプレッシャーもありません。男性からすればたくさんのメリットがあるのが分かります。

自由がきく

恋人を持ったなら、浮気は良くないこと。許されないのが一般的です。しかし、セフレならば浮気という概念がないので他の人と同時進行しても文句を言う資格も言われる筋合いもないのです。

相手も自分もお互いに縛られない自由な関係でいられます。相手に飽きてしまったり嫌になった場合に堅苦しい「別れ話」をする必要もありません。恋人同士ならするであろう「話し合い」など面倒なことは一切抜きにできます。

まとめ

こうみてみると、どうやら男性にとっての方がセフレでいるメリットは多そうですね。
あまりにさっぱりしすぎて寂しい気もしますが、セフレを好む若者が増える理由に納得できなくもありません。

しかし、「この人のためなら少しくらい無理をしても構わない」と思えるような相手に出会い、一生を共にすることも大きな幸せです。今はセフレの関係で十分だと思っている若者が、そんな相手にいつか出会えたらいいなと密かに思っています。

著者情報

ハンナ

ハンナ

不倫、でも純愛。Girl's Affair(ガールズアフェア)管理人ハンナです。恋愛の酸いも甘いも経験したと自負しているアラサー。辛い恋をしている女性の心が少しでも癒されますように。