ガールズアフェア

恋愛依存を予防する方法と恋愛依存症の男性の見極め方

time 2017/04/27

恋愛依存を予防する方法と恋愛依存症の男性の見極め方

もはや気軽に言ったり聞いたりする「恋愛依存症」という言葉。あなたどのくらい恋愛依存症について知っていますか?

恋愛依存症は一度なってしまうと楽しいはずの恋愛をとても苦しいものにしてしまいます。彼氏が恋愛依存症の場合も想像を遥かに超えるほど精神がすり減ります。

ここではあなたが恋愛依存症にならないようにする方法と、恋愛依存症の男性を回避するために知っておくべきその特徴をご紹介します。もし気になる男性や彼氏が当てはまるならこれからの関係をよく考えましょう。

恋愛依存症ってなに?

恋愛依存症とは、常に誰かと恋愛関係にないと満たされず不安になる症状を言います。かといって恋愛をしていても彼の気持ちを疑ってしまい、なかなか満たされません。

勝手に尽くしすぎておきながら見返りがないと不機嫌になって相手を執拗に責めたり、気持ちを試すためにわざと傷つける言動をとったりします。彼の気持ちとの温度差を敏感に感じ取りしつこく彼の気持ちを確認したり、「彼がいなければ生きていけない」と本気で思い込むこともあります。

恋愛依存症にならないために

恋愛依存症になりやすい人の特徴として自分に自信が無い、彼基準の生活になる、マイナス思考、世話焼きなどが挙げられます。

このことから、誰もが恋愛依存症になるおそれを秘めていると言えそうです。自分の恋愛傾向を思い返して、思い当たる節があれば意識的に以下の行動をとってみてください。

方法①:他人や過去の恋愛と比べない

「前の彼は毎日連絡をくれた」「○○ちゃんは誕生日に高価なプレゼントを彼氏にもらっていた」

こんなふうに今の恋愛と過去や他人の恋愛を比較しては「私は愛されていないんじゃないか」と不安に思っていませんか?

過去の恋愛も他人の恋愛も、あなたの現在の恋愛とは全くの別物なので比較の対象にはなり得ません。連絡の頻度やプレゼントの値段は必ずしも愛情の大きさに比例しないのです。彼が彼女としてあなたを選んで一緒にいるという事実と、彼があなたのためにしてくれたことを大切にしましょう。

もしSNSで見る他人の恋愛を妬んでしまうことがあるなら、アカウントを消してしまうかスマホをいじる機会を減らしてみないようにすると良いです。他人や過去の恋愛なんて気にせず、自分たちの恋愛の質を高めていきましょう。

方法②:彼のためにスケジュールを空けておかない

彼氏ができると、なるべく多くの時間を一緒に過ごしたいと思うのは自然なことです。しかし、それがあたり前になってくると思い通りに彼と過ごせないときに大きな不安やストレスに襲われます。そうなったら恋愛依存症の疑いあり。

彼と一緒に過ごせなくてもストレスを感じずに充実した時間をすごせるように、自分基準のスケジュールを立てましょう。約束もしていないのに「週末は彼と過ごすかもしれないし・・」と他の予定を断ってまで空けておくことは止めましょう。彼の連絡を待ったりしないで先約を優先し、時には一人でまったりする時間を楽しめるようになると楽になります。

方法③:自分を認める・褒める

恋愛依存症において一番ともいえる特徴が「自信がない」ということ。自分に自信がないから相手に愛されているのか不安になったり、気を引こうと必要以上に世話を焼いてしまったり、自分には彼以外しかいないと思い込んだりするのです。

どんな人でも絶対的な自信なんて持っていないのが普通です。自信の無い自分も含めて「自分は自分」と受け入れましょう。

日常の色んなシーンで意識的に自分を褒めましょう。仕事を片付けたとき、無駄遣いを我慢したとき、誰かに親切にしたときなど、些細なことでも褒めてみるのです。そうすると、少しずつ自分に自信がついて相手が自分をどう思っているかが前ほど気にならなくなってくるはずです。

恋愛依存症の男性を回避しよう

恋愛依存症は性別を選びません。男性でも恋愛依存症の人はいます。優しい、尽くしてくれる、と思ったら恋愛依存症だったということは珍しくありません。そういう男性と付き合ってしまうと精神的に非常にキツく、別れるのも大変なんだとか。最悪の場合、ストーカー化することも。

恋愛依存症の男性を回避すべくその特徴を抑えておきましょう。

特徴①:ネガティブ思考

恋愛依存症の男性は何かをすれば女性に嫌われて振られるのではないかと、物事をネガティブにとらえがちです。そのため、自分の意見を言わなかったり、すぐに謝ったり、オドオドしがちなんだとか。

どこかにいくとなれば「君の行きたいところ」、何か食べるとなれば「君の食べたいもの」といつでもあなたが優先です。あなたはデートを楽しんでいるのに「楽しい?」と何度も聞いて来たり、少し沈黙になると「怒ってる?」と聞いてきたりします。

ちょっとしたことで物凄く落ち込み、「自分なんかといていいの?」と構ってちゃんな発言をしたりします。

特徴②:あなたの気持ちを異常なほど確認してくる

これも自信の無さが関係しますが、恋愛依存症の男性は全てにおいて相手の女性の一番でありたいという想いが人一倍強いそうです。そのため、女性に自分が愛されているかを異常なほど確認してきます。

こういう男性は、女性がいくら「好き」と伝えても安心することはありません。次から次へと不安要素を見つけては確認してきます。

特徴③:情緒不安定

恋愛依存症の男性は彼女の態度にとても敏感なので、勝手に彼女の気分を分析して一喜一憂する傾向があります。男性の気分が上がっているときは問題ありませんが、下がったときはとても厄介です。

あなたが話を聞いてあげたりして心配している様子を見せないとヒステリーになるおそれも。最悪の場合、暴力を振るわれるケースもあります。

特徴⑤:束縛する

あなたに愛されている自信が持てない恋愛依存症の男性は浮気を疑ってとにかく束縛をしてきます。あなたの行動や人付き合いを細かく把握したがったり、少しでも連絡が取れないとネガティブな発言や気持ちを試すようなことをして困らせてくるでしょう。

わざわざLINEをするまでもないことを頻繁に送ってきたり、すぐに返事がないと時間も気にせず何度も電話してきたりする男性は要注意です。

まとめ

いかがでしたか?あなたが恋愛依存症にならないようにするためには自立をして自分を愛することが重要です。

恋愛依存症の男性から身を守るにはネガティブ思考や束縛の過ぎる男性からはいち早く距離をおくことです。付き合ってから気付いてしまった場合は彼の依存が深刻化する前になるべく早くお別れをしましょう。

付き合う前に「あれ?」と思った場合も自然にフェイドアウトしてください。そのまま接しつづけるとあなたの優しさを勘違いして依存されてしまうかもしれません。

恋愛依存症の男性の束縛や頻繁な連絡は「私って愛されてるな」と勘違いさせがちですが、彼はただ依存する誰かが必要なだけです。見分けが難しい場合もありますので、慎重な見極めが必要です。

著者情報

ハンナ

ハンナ

不倫、でも純愛。Girl's Affair(ガールズアフェア)管理人ハンナです。恋愛の酸いも甘いも経験したと自負しているアラサー。辛い恋をしている女性の心が少しでも癒されますように。